当時はかなり追いつめられていました

負荷は、多かれ少なかれ誰でも覚える時がありますよね。 負荷を感じないと思っている人類も、気づかないうちに溜めこんでいる場合があります。それがトップこわいですね。

自分では負荷のディスカバリーがないのに、それぞれなどから指摘されて、「なるほど、負荷だったんだぁ」といった、やっと認識されるわけですから、やけに溜めこんでしまっている。

正直、私がその内側でした。 イライラして焦れば慌てるほど、全てにおいて空回りしていましたね。

そんな時の歯車って、ちょっと逸れただけなのに、それもかってぐらいかみ合わなくなるので、行き詰まりだ。でも、外部では普通のあたしを繕うので、どんどんドツボにはまり、エンドにはマネジメントがきかなくなって、バーンって大爆発してしまいました(笑)

今では、笑い話にできますが、当時はかなり追いつめられていましたね。

そんなことがあってから、多少なりともイラッといった感じたら、小出しに爆発することを心がけています。

いよいよ只今、転職してまだ入り用に慣れていないので負荷が溜まりっぱなし。

だからといって勤め先で爆発してしまったら大変です。

イラっと来ても炸裂は小出しに小出しに(笑)http://xn--w8jxa4azlplod2glfw550azo9bmij8j4k.xyz/